スポンサーリンク

ゲームアップデート以降やたらカクついたりするのでラグいな~とか思っていたのですが久しぶりにクラッシュしたのでマネージャー覗いてみたらなんとCPU使用率が100%になっているではありませんか…。

EAのことなのでしばらく対処もないだろうということでいろいろ試したところ僕の環境では2通りのやり方でCPU使用率が下がりました。

 

  1. 「アンチエイリアス」をオフにして保存、再度有効にして保存
  2. 「テクスチャストリーミング割り当て」をオフにして保存、再度有効にして保存

このやり方でCPU使用率90%↑から50~60%で安定しています。安定はしていないが。

アンチエイリアスのオンオフが一番楽ちん。

ちなみにアンチエイリアスオフにして落としても起動するとCPU使用率食うので起動ごとにやるハメになる。

ゲーム側の問題だと思うので試すだけ試してみては。

あとはゲームのプロパティからコマンドラインの引数追加してCPUの使用スレッドの上限設定してみるとかあるけど。

はよ直せ。

How to Fix to Apex Legends High CPU Bug

  • Restarts on the game or computer
  • Run the game as administrator
  • Clear Origins cache
  • Repair the game files of Apex Legends
  • Reinstall the game completely

海外のサイトでこんなんみつけました。

  • ゲーム・PCの再起動
  • 管理者権限で実行する
  • Originのキャッシュを削除する
  • APEXの修復をする
  • ゲームを再インストールする

まあどれも定番ですね。

キャッシュの削除については→https://help.ea.com/ja-jp/help/faq/clear-cache-to-fix-problems-with-your-games/

Community method as of lately:

  1. Open Origin or Steam
  2. Open Task Manager
  3. Right-click on Origin or Steam (depending on what the player is using to launch the game) and click "Go to details"
  4. Right-click on Origin/Steam
  5. Click on Set affinity
  6. Uncheck all of the processors according to the player's CPU cores
  7. Check cpu 0 and the last highest core available or just check the last highest core available

Redditのユーザーによる効果があった対処みたいです。

  1. タスクマネージャーを開く
  2. Originを右クリック(ない場合はOriginを開いて表示させる)
  3. 詳細を表示
  4. Origin.exeを右クリック
  5. 関係の設定をクリック
  6. APEXで最も負荷のかかっているCPUのチェックを外す

面倒じゃない人はこっちでいいかもですね。強制的に制限できるのでかなり効果あると思います。推奨スペック満たしてるなら負荷が高い奴から順に少し制限かけても大丈夫だと思いますがギリギリの人とかはやらない方が良いかもね。

どのCPUに負荷がかかっているかは

  1. タスクマネージャーを開く
  2. 「パフォーマンス」をクリック
  3. グラフを右クリック
  4. 「グラフの変更」を「論理プロセッサ」に変更

これで各CPUの使用率が表示されます。

Windows 10対応:タスクマネージャの「パフォーマンス」タブの見方

CPUのコアごとの使用率を知りたい場合は、グラフを右クリックして、ポップアップメニューから[グラフの変更]-[論理プロセッサ]を選択する。すると各コア別の使用率グラフが表示される。

 

この動画で前半の部分が解説されています。

NVIDIAコントロールパネルはデスクトップ画面で右クリックメニューからいけます。

起動してる時も内蔵グラボ使用率0%でグラボはいつも通り回っていたので、APEX自体が直接CPUに負荷をかけているとしか思えないんですよね。

個人的にグラボの設定はあんまり効果なさそうな気がします。軽減されればラッキーぐらいで。

【PR】

自宅のインターネット回線に満足していますか?

最近はNURO光がとても人気です。僕が申し込んだときは一か月ちょっとで開通しましたがその人気ゆえに回線工事までの期間が長くなってしまっていることも事実。

しかし、NURO光と同じ回線を使ったサービスがあるのをご存じですか?

Fon光というサービスです。NURO光とは別のサービスなので開通も早めです。

独自回線

フレッツ光とは別の回線を使用している業者は、独自回線業者と呼ばれます。

独自回線業者が使用しているのは、NTTの回線の中で使用されてない空き回線です。これらの回線は「ダークファイバー」と呼ばれています

NURO 光は、この独自回線を使った光回線業者にあたります。

独自回線を使うことのメリットは、回線が混雑していないことです。利用者の少ない回線を使うことで回線の混雑を避けられるため、スムーズなインターネットを実現できるのです。

https://www.nuro.jp/article/hayairiyuu/

どちらのサービスもNURO光のように独自のサービスなので、要は「NTTの回線を利用しない」という点がポイントなんですよね。

NTTの回線は基本的に共用回線なので使用者が多い時間帯などは混雑して遅くなってしまうことが多いです。

NURO光に乗り換えるまではNTTフレッツ光にプロバイダがYahoo!BBで契約してましたが、ダイヤルアップ接続かよってぐらい重いこともありました。

僕の昔の感想ツイートですが、こんな感じでした。下りの速度が大幅に向上したのでプレステのアプリケーションのバージョンアップデートも爆速です。

無料Wi-Fiもついて値段も安くなるのでNTT系の人は絶対にNURO系に乗り換えた方が良いです。

いやほんとなんでNTTなんて使ってたんだって思いますよ。あとプロバイダ次第では解約もめんどくさいです。

ちなみに僕は大学生の時にPCとのセット割でいろいろ追加して契約した人です、今思えばマジで情弱ですね。

Fon光について

Fon光は何といっても料金が安いです。

月額がNURO回線系の中ではダントツで安いです。



という感じで高性能回線が税込みでたったの4378円なんですよね…。

これまで回線に月額5000円以上払っている(今も払っている)僕にとってこれは正直かなり魅力的です。

工事費は分割相殺型の実質無料タイプです。

注意したいのは30か月って点ですね。

自宅回線ってそんなに変えるものでもないので、ほとんどの人には関係ない話ですけど基本が24か月契約なので契約解除料を払いたくない場合は実質48か月使わないといけない所です。

「安い代わりに2年契約で契約解除料が高い」

そんな感じですね。基本使用料が安いので長く使えば使うほど得するタイプです。価格特化型のサービス。

NURO光の2年契約のG2Dプラン(月額5700円)と比較した場合、差額が1300円程度なので1300×24で約31200円。

2年契約特典は2年間月額1100円引きなので、トータルでは1100×24で約26400円。この時点で約5000円の差があります。

キャッシュバックの場合、43000円ですがFon光の場合34か月で相殺されてしまいます。2年契約なので48か月換算だとFon光の方がさらに約18200円得です。

やはり2年縛りなども考慮するとインフラ系は基本料金が安い方が良いですですね。

ちなみにNURO光はカスペルスキーというアンチウイルスソフトが無料で使えますが、正直Windowsの標準ソフトで全く問題ないですし買ってもFon光の方が安いです。

大元はSONY

Fon光のトップページ下部にある「障害・メンテナンス情報」に行くとNURO光のページに飛ぶんですよね。

つまりサービス体系が違うだけで中身はNURO光と一緒。オプションもNURO光関係ばっかりですし。

中身がNURO光なので大元はSONYです。聞いたことのないサービスでも心配無用。

そういう情報に簡単にアクセスできるのはとてもいいことです。

インフラ系は価格が変動しにくい

ガスや電気の自由化でもそうでしたが、トータルで考えると価格はほとんど変わらなくて結局特典で選ぶみたいなところがあります。

NURO光も特典が多く、一番得なやり方は「NURO光3年契約プランを一年間基本料980円の特典を使用して、3年目の契約月にNURO系回線のより安いサービスに乗り換える」というものですが、撤去費用分が計上されてしまいますし、更新月を逃してしまったら2年経過するまで待たないと違約金が発生してしまいます。その場合、特典の差はなくなってますし乗り換えの手間がかかるうえにほぼ忘れていると思います。

なのでキャッシュバックとかはないけどシンプルに安い、品質はNURO光と変わらないってのが単純に強みです。

正直Fon光より安くできるってなかなかできることじゃないので同じNURO系でもっと安いサービスが出てくる可能性は低いような気がします。

認識としては「基本料金がもっと安くなったNURO光」って感じですね。

まだ一年ぐらいのサービスですが、Eスポーツチームのスポンサーについていたり単純に安いのでこれから伸びてくるんじゃないでしょうか。

Sponsored Link
スポンサーリンク
おすすめの記事